本文へスキップします。

H1

2021年

コンテンツ

2021年8月 Vol.4
令和3年7月「熱海伊豆山土砂災害義援金」の寄付について

 この度令和3年7月3日(土)に静岡県熱海市で発生した土砂崩れ災害により、被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 当社では被災地域の一日も早い復旧・復興を願い、静岡県内の店舗において7月9日(金)から7月22日(木)まで、
「熱海伊豆山土砂災害義援金」募金活動を実施いたしました。
 皆様からお寄せいただいた義援金は、下記の通り合計69,376円となり熱海市に寄付いたします。
 皆様のご支援、誠にありがとうございました。一日も早い復旧を、心よりお祈り申し上げます。

 ○「令和3年7月 熱海伊豆山土砂災害義援金」概要について
  1.実施期間  2021年7月9日(金)~7月22日(木)

  2.実施店舗  静岡県内店舗(下田店、川奈店、伊豆高原店 以上3店舗)

  3.寄付金額  69,376円

  4.寄付先   熱海市

                                   以上

2021年7月 Vol.3
ISO14001の認証継続について

 東急ストアでは東急グループの企業の一員として、持続可能な社会の実現を目指し、地球環境の保全と負荷低減に配慮した事業活動を推進するため
2003年7月に本社をはじめとした各店舗、事業所が環境マネジメントシステム(EMS)の国際規格であるISO14001の認証を取得しております。
 各部門では、EMS責任者および、担当者を選任し「PDCAサイクル(計画、実行、点検、見直し)」を循環させ、環境目標の達成や環境関連法規の順守に向けた取組み強化を継続的に行っています。
 この度、2021年6月に株式会社 日本環境認証機構(JACO)により、ISO14001の審査が行われ、2021年7月14日に認証が継続され
2003年7月から18年間ISO14001の認証を継続しております。今後も引き続き、東急グループの一員として環境に配慮した事業活動を推進して
参ります。

  ※環境マネジメントシステム(EMS) Environmental Management System
   企業や団体等の組織が環境方針、目的・目標等を設定し、その達成に向けた取組を実施するための
   組織全体の計画・体制・プロセス等の事を指します。

   認証された各店舗、事業所につきましてはHP内の企業情報「環境方針」から「ISO登録書 PDF]をご覧ください。

2021年6月 Vol.2
公益財団法人 日本盲導犬協会へ寄付

 東急ストアは、2018年2月より各店舗及び本社におきまして、視覚障碍者の皆様への支援を目的に盲導犬募金活動を行っております。
 2020年度も多くのお客様からの多大なご支援とご協力を賜り、おかげさまで2,461,002円の募金が集まり、4月30日に公益財団法人 日本盲導犬協会へ寄付を行いました。
 この度6月10日に同協会より、この支援活動に対し感謝状をいただきました。
 東急ストアはこれからも、視覚障碍者の皆様の支援を継続してまいります。

2021年6月 Vol.1
「有料レジ袋収益金」を東急財団に寄付

 株式会社東急ストア(本社:東京都目黒区)では、プラスチックの埋立・自然投棄による環境汚染や海洋ごみ問題など、私たちの生活環境を
取り巻く課題が深刻となる中、2020年7月1日より、環境に配慮したバイオマス原料を配合したレジ袋を有料で販売することで、お客様と共に
レジ袋の使用量の削減と環境負荷低減に取り組んでおり、レジ袋辞退率は約8割まで高まっています。

 また、対象期間におけるレジ袋の販売代金としていただいた収益金602万円を公益財団法人東急財団(理事長:金指潔、本部:東京都渋谷区)へ
寄付しました。東急財団は、多摩川流域および東急線沿線の環境に関する啓発普及事業や活動支援事業などに取り組んでおり、本寄付金を
東急線沿線の環境保全活動に役立てています。
 これからも東急ストアでは、お客さまのご理解とご協力のもと、環境保全活動や社会貢献活動を続けてまいります。